ジャンニ・マシャレッリ
     
  偉大な業績を残した軌跡  
     
 

アブルッツォ州が、イタリアの中でも最も貧しい州の一つに挙げられた頃の1956年、サン・マルティーノ・スッラ・マッルチーナ村にジャンニ・マシャレッリは生まれました。アメリカ、南米、カナダへと大量の移民が相次いだ直後の、過疎化が進んだ村。目立った産業がなく、国からは援助を受けるどころか、国家の財政負担が、南部イタリア全体の貧農に課せられていた時代です。

マシャレッリの一家はぶどう専門の栽培家でも、ワイン生産者でもありませんでしたが、16歳に季節労働者としてシャンパーニュの収穫を手伝い、当時ワイン造りに対する漠然とした興味を覚えたそうです。そして1978年、22歳でトラック運転手だった祖父から2.5haのぶどう畑を譲り受けます。ここにはトレッビアーノが植えられていました。もう一方の祖父から譲り受けたのも、ぶどう畑。収量でいえば半分以下のごく僅かなモンテプルチアーノでした。

 
  ワイン造りは、どこで学んだものでもないと言います。確かに彼の、現在に通ずるまでの醸造法はアブルッツォの伝統とは言いがたいものです。いや、むしろアブルッツォ州の伝統からは、高品質ワインが生まれると思われていなかった時代です。誰もが故郷の地に自信を持つ事が出来なかったこの時代に、彼はアブルッツォ州の、そして生まれ故郷サン・マルティーノ・スッラ・マッルチーナ村の、自然がもたらす恵みが、とても貴重な宝であることに気づいていたのです。そして、いつの日か真価を発揮させるのは、自分の役割だと・・・。  
     
  新・古典主義の創造  
     
  ぶどう畑という道具を得て、その後の彼を突き動かしてきたものは、つねにこの郷土愛でした。彼はワインだけでなく、この土地にはイタリア全土に誇る豊さが宿っていると考えていました。野菜、穀類、パスタ、オイル、チーズ、サフラン、トリュフ、そして肉類。肉加工品の手法も豊富です。サン・マルティーノ・スッラ・マッルチーナ村はアペニン山脈のマイエッラ山から少し下った中腹で、その頂上まで20キロ。アドリア海までも20キロという位置にあります。標高は約420m。そこからアブルッツォ州全体に広がる様々な地形と気候、地質と気温差がもたらす変化こそが、この州の宝なのでした。  
 

彼は最初に、祖父から譲り受けた畑の品質を上げるげることに着手しました。伝統的なペルゴラ仕立ては大きく育てると品質的に限界があると言われますが、古木なので収量を間違わなければ良質なぶどうを得ることが出来ることが分かってきました。中でも最も良質な区画のみを用い、世界最高品質のモンテプルチアーノ「ヴィラ・ジェンマ」を世に生み出します。同時に周辺の、ぶどう栽培に適した土地を見極め、買い足していきます。まだまだこの土地から、世界に誇る銘酒が出来るとは知られていなかった時代です。きっと土地の価格もそれほど高いものではなかったのでしょう。1981年に最初のワイン造りをスタートしてから6年後の、1987年にはすでに50haの畑を持つことろまでに成長しています。同時に新しい栽培法を試み、「良いワインは、良いぶどうから」の鉄則通り、畑の向上に努めます。そしてこの年の、もう一つの大きな出来事は、生涯に渡り彼を助けることとなるマリナ・ツヴェティッチと結婚をしたことです。

 
  彼は、自分の土地のモンテプルチアーノとトレッビアーノで世界に挑んでいこうとする過程で、既に世界で認知されたカベルネやメルロー、シャルドネなどから世界トップ・レベルのワインを生み出すことによって、安酒の生産地と見做される世の中の偏見を取り去ろうという試みを始めます。フランスのバリック(225リットル)で熟成された、この強烈なパワーを持つワインはマリナ・ツヴェティッチ・シリーズと名付けられ、1990年から順を追って品種ごとに販売されます。マシャレッリの名がようやく有名になり始めたかならないかの、90年代中頃には、ジャンニはよく醸造所を訪れた客に、自分のカベルネと、ボルドーの5大シャトーをブラインドで比較させていたものです。

こうしたイタリアの伝統手法と、フランスの現代手法、そして自分だけの感覚と経験で得た手法を織り交ぜた、独自のワイン造りは次第に花開き、様々なワイン・ガイドで最高評価を連発するようになります(1992年にヴィラ・ジェンマでガンベロロッソの初トレ・ビッキエーリ)。同時にこの州のDOC、モンテプルチアーノ・ダブルッツォとトレッビアーノ・ダブルッツォそのものの認知度を挙げることに、大きく貢献しました。

彼の創造したこのスタイルは、アブルッツォ・ワインの伝統から大きく発展を遂げ、彼の愛するモンテプルチアーノとトレッビアーノというぶどう品種が持つ可能性と、土地がワインに与えることが出来る最大限の可能性を込めた「新・古典主義」と呼ばれるようになります。

 
 

 
     
  ジャンニの最後の「ひらめき」、そして妻マリナ・ツヴェティッチへ  
     
 
さて、彼はまた、別の形でもワインへのアプローチを推し進めた開拓者です。

トップ・キュヴェに当たるヴィラ・ジェンマは、サン・マルティーノ・スッラ・マッルチーナ村の標高の高い畑のみを用いた、気高さと剛健を表現するワイン。そしてマリナ・ツヴェティッチのシリーズは、変化に富む広範囲の所有地を分析して、品質に応じてぶどうを選択し、比較的に毎年質的安定をはかることが出来るワインです。しかしテラモ地区に特別なテロワールを見出し、2003年のヴィンテージで、標高が低く暖かい海沿いのぶどうのみを用いたイスクラ(イタリア語で「ひらめき」)を発表します。ヴィラ・ジェンマとは対照的な、温かい重厚さが特徴のモンテプルチアーノ。このことによって、ジャンニはアブルッツォのテロワールが変化に富むことを、我々に示そうとしたのです。当時のアブルッツォでは誰も考え及ばなかったテロワール・ワインの概念。
 
 

 
 
またジャンニは別事業として、2004年にペルティコーネ男爵の持ち物であったセミヴィコリ城を買い取っています。これは文化活動やワインを広める教育にも貢献したいという彼の意思であったといいます。寒村に生まれた農夫の息子が、一代で400haを所有するまでになり、城を買い、文化事業に手を染めることは、多いなる努力を強いられたにせよ、夢の様なサクセス・ストーリーだったに違いありません。改装前の荒れた城内の、キッチンとダイニング・テーブルだけをきれいにして、嬉しそうに私たち仕事仲間や友人を夕食に招いていたジャンニの姿が記憶にあります。しかしながら2008年、52歳の若さでセミヴィコリ城のオープンを待たずして他界します。

遺志を継いだのは、妻のマリナ・ツヴェティッチ。翌年2009年に11室のみの一流ホテルとしてオープン。アブルッツォの伝統を伝える料理が提供され、同時にジャンニの遺志通り、様々なコンサートや文化的活動、ワイン教育に関するイベントも行われています。

現在もマリナを中心とし、ジャンニがいた頃と同じスタッフが、醸造所と熟成庫を管理しています。世間の向かい風をものともせず突き進んだジャンニの強い意志や、独創性に富むダイナミックな精神は、マリナがしっかりと受け継いでいます。
 
     
 
セミヴィコリ城には畑が付随していましたが、そこから早速トレッビアーノのワインが販売となりました。そして2009年にはメルロー、カベルネに、10%モンテプルチアーノがブレンドされた赤ワインを発表。ともに素晴らしいワインであるのは勿論ですが、城の以前の所有者はこのワインを飲んで大変に悔しがったとか。「たいした手入れもしていなかったので、こんなに良いワインが出来る畑とは知らなかった。二束三文で売って損をしたよ!」。

今後もダイナミックなマリナが、マシャレッリのワインに話題を与えてくれることでしょう。

 
     
     
  Copyright (C) 2013 Odex Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved